外資系 転職 人材紹介のGaipro

Gaipro Powered by G+S japan

ホーム > お仕事をお探しの方へ > 転職アドバイス > 【英語】英語の使い方でその人の意欲がわかる
Gaipro株式会社

【英語】英語の使い方でその人の意欲がわかる

britain flag.jpg

転職する時、外資系に応募するか日系企業に応募するかによって、応募条件も若干変わってくる。年齢枠、転職回数など、外資系は日系企業ほどは厳しくないが、外資系求人を見るたび必ず出てくる応募条件はやはり英語力。勿論、今の時代グローバル化の影響で日系企業も海外とのやり取りは避けられず英語が重要だが、日系大手の管理職には未だに英語がおぼつかないマネージャーが少なくない。しかし、外資系で出世するには高い英語力は必須条件である。

英語力アップには自らの努力が必要


日本人は中学校から(最近は小学校からある程度の英語教育が導入されている)長年の英語勉強で苦しんできながら、アジア隣国と比較しても英語力が極めて低く、残念ながら意思疎通が殆どできていない場合が多い。その理由を問うよりも、自らのイニシアチブで英語を習うことは仕事での成功に直接つながる。日本で最も一般的であるTOEICテストで得た点数が高ければ勿論外資系でも評価されるが、試験の結果よりも実際の口頭英語のスキルの方がより重視されるため、採用される前に必ずチェックが行われる。日本人が苦手である口頭英語が応募過程でネックにならないよう、やはり海外滞在を経験するに越したことはない。海外で習得した英語を話している日本人はすぐに分かるし、語学力が達者ということ以外にも、モチベーションのある国際社会の一員として評価され、外資系へ転職する際に非常に有利になる。

英語の使い方によって印象が変わってくる


しかし、ひとつ気をつけなければならないことは英語の使い方にある。英語は日本語ほど敬語や謙譲語みたいな紛らわしい使い方がないが、勿論標準語とスラングなどの違いはあるので、面接の時は留学した当時に地元の友達から習った俗語や言い回しなどは使わないよう気をつけるべきだ。日本語での面接で真面目な印象が伝わったものの、2次面接での英語の俗っぽい使い方によってその印象が崩れてしまい、結局落ちてしまったケースは、弊社もいくつかの事例を挙げられる。

英語が堪能だと意欲としても評価される


完璧なオクスフォードイングリッシュが求められるわけでもないが、電話会議などビジネス英語で意思疎通が支障なく出来ることは、外資系で昇進するための大前提だ。他方、弊社が特化している欧州・スイス企業の本社は英語のネイティブスピーカーばかりで編成されているわけでもないので、口頭英語がところどころ間違っていても意味がちゃんと伝われば相手の外国人が気付かない場合も多い。
英語教育と以前から苦戦してきた国日本の中で、英語を流暢に話せる日本人は、グローバルな意欲のある方と高く評価される。
要するに、英語が苦手だと恥ずかしがって英語を話さないことより、英語が話せるようになるために積極的にどんな機会も利用し、自ら努力して英語が堪能になることを目指せば、将来必ずキャリアの成功に繋がる。